ドモホルンリンクルロゴ画像

ドモホルンリンクルで理想の美白効果を体感してください

ドモホルンリンクル効果画像

ドモホルンリンクルは加齢とともにトラブルを起こしやすくなる肌を効果的にサポートしてくれると定評がある日本の化粧品です。その絶大な美肌効果で40年以上も愛されてきた「ドモホルンリンクル」は、日本人の多くが一回は耳にしたことがあるといっても過言ではないほど有名。

そんなドモホルンリンクルですが、美白についても革新的な考え持ち、本当の意味で効果がある美白を実現しているそうです。そこで、ドモホルンリンクルが研究を重ねて辿り着いた“真の美白効果”について紐解いていきます。
あなたの美白、実は間違いっているかもしれませんよ。

ドモホルンリンクルからの警告!真の美白効果とは?

「美白に効果があることは?」と聞かれたら、「メラニンを減らせばいい」と考える人も多いのではないでしょうか?
ドモホルンリンクルは、まずこの考え方に待ったをかけます。

確かにメラニンが増えると肌が黒くなってしまいます。けれど、これはメラニンが紫外線から肌を効果的に守った結果。ドモホルンリンクルは、この紫外線から肌を守るというメラニン本来の効果を忘れません。

ドモホルンリンクルはメラニンを減らして効果を出すような美白は、肌にもともと備わっている紫外線に抗う力を奪ってしまい、結果的にシミや病気を引き起こしやすい弱い肌を作ってしまうと考えます。

ですから、ドモホルンリンクルは「自分の力で紫外線からのダメージを防ぎ、効果的に美白できる肌」を育てることを理想的な美白としています。

ドモホルンリンクルが着目したのは自己回復たんぱく質の効果

「肌を自分の力で守りながら美白する」というドモホルンリンクル独自の理想の美白を実現するために、ドモホルンリンクルが着目したのが、自己回復たんぱく質の効果です。

この自己回復たんぱく質は紫外線などのストレスが強くかかる状態になると、重要なたんぱく質を取り囲み、効果的に保護する役割をもっています。

研究の結果、ドモホルンリンクルは肌に存在する自己回復たんぱく質が紫外線ダメージから効果的に肌を保護することを確認。自己回復たんぱく質を効果的に補うことで、肌を紫外線からのダメージに負けない、健やかな状態に導くことに成功しました。

ドモホルンリンクルはさらに理想の効果的な美白を追及

自己回復たんぱく質が効果的に紫外線ダメージから肌を守ることを確認したドモホルンリンクルは、「自己回復たんぱく質に美白効果もあるのではないか?」と考え、引き続き研究を重ねることに。

3年に及ぶ研究の結果、ドモホルンリンクルの予想した通り、メラニンを作り出す細胞の中で自己回復たんぱく質が増えると、メラニンが過剰に産生されるのを抑える効果があることが実証されました。

さらに様々な実験を重ねていくうちに、自己回復たんぱく質がメラニンを減らす効果のメカニズムも明らかになり、ドモホルンリンクルの理想の効果的な美白の探求は、国際誌に論文を発表するほどの大きな結果を得ることになりました。

こうしてドモホルンリンクルは、「紫外線ダメージを減らす効果」と「メラニンを減らす効果」の両方をもった自己回復たんぱく質を効果的に補う化粧品を開発することで理想の美白を実現したのです。

ドモホルンリンクルは理想の効果的な美白のためにルーマニアアルニカを採用

ドモホルンリンクルが自己回復たんぱく質を増やし、理想の美白効果が期待できるとして取り入れたのが、「ルーマニアアルニカ」です。

アルニカは、打ち身や切り傷に効果があるとされ、ヨーロッパで古くから外用薬として使われてきたキク科の多年草です。この植物はヨーロッパ山岳地帯に生息し、黄色の可愛らしい花を咲かせます。

ドモホルンリンクルはアルニカの中でも、ルーマニアのカルパチア山脈に生育するアルニカ(ルーマニアアルニカ)の効果に注目し、花から抽出したエキスを用いて研究開発を行ったところ、自己回復たんぱく質がとても増えることが分かったそうです。

このルーマニアアルニカのエキスに理想通りの美白効果もあれば、ドモホルンリンクルが考える理想の美白への大きな一歩になります。ドモホルンリンクルは実験を重ね、ルーマニアアルニカのエキスを使うことで、シミの原因になるメラニン量を減らせることをついに突き止めました。

ドモホルンリンクルの理想の効果的な美白の追及は続いています

ドモホルンリンクルの長年に渡る研究の結果、ルーマニアアルニカに自己回復たんぱく質を増やし、「肌を守りながらメラニンを減らす」効果を期待できることが明らかになりました。

こうして、理想的な美白効果を期待できる原料に辿り着いたドモホルンリンクルですが、ドモホルンリンクルはルーマニアアルニカのエキスの有効濃度や安全性、安定性の確認、有効成分の特定など、この原材料が肌で安全かつより効果的に働くための研究を今も重ねているそうですよ。

ドモホルンリンクル公式ボタン画像